詩篇 2016






増殖

眼の奥処

星辰をめぐる旅

遠景

惑星

定刻

傍観

草叢

配置

まぼろしから

間奏曲

対流

春の歩き方

とりのこされて

暗渠

羽根のように

繋留

夜が歌のようにやってくる

手紙

河口にて

とどけるために

空に風が

骨の淋しさ

間奏曲

風の噂

点在

季節

天の氷

隙間

日常

撃たれる

夜の行末を照らして

絵画のように

風と静物

場所

不可知論

凶事

仮初

鯨の夢

世界は赦されうるかについての推論

天気





←「詩篇 2015」





「詩篇 Poetry」へ       index