繋留


海の向こうに思いを投げる
叶えられなかった願いだとか
報われることのなかった思いだとか
それらを投げて 塩水のなかで溺れさせる
思いは抛られて海の底を漂うが
私たちはここに
繋がれたまま

私たちは決して
ここからは離れられないだろう
それでも私たちから思いはとめどなく沸いてきて
解き放たれて さまよいはじめる
私たちは動けないまま
思いが返ってきて
戦果をもたらしてくれるのを待つだけだ

海の向こうではそんな思いがいくつも
行き場を失って溺れて 魚たちに食われて
それらは叶えられなかった願いとして
報われることのなかった思いとして
語られることもなく消えてゆく
それらの残骸が
私たちの胸をずっと塞いでいる

思いが愛されることはなかった
それらが形をつくることはなかった
私たちはここに
もう出航することのない船が
鎖に繋がれて 錆びついたまま
苦い塩の味がする
風に吹かれて


(二〇一六年四月執筆)


戻る   表紙