詩篇 2006






第2詩集執筆期1



水無川

雨になる前に

鰐と谷川俊太郎

古代人のヒッチハイク

箱入り娘に関する詩的考察

そして海は濁っていった

未完の夜

死物

地霊

生後

不在票

迷路、あるいは疲労した道

世界中の甥

溺れていく夏の

細胞(たち)の夜明け

犬の日々

最終行まで

火曜日に燃える

とどける





←「詩篇 2005」     「詩篇 2007」→





「詩篇 Poetry」へ       index