詩篇 2005






第1詩集執筆期7



求めています

水瓶座の朝と夜

飛行機の夢

難破した船の来歴

終着の浜辺

詩人の誕生

水のための散文詩

風のための散文詩

石のための散文詩

薔薇の虐殺

尾のあるもの

船の名前

廃棄処分

蒸し焼きの雨

鱗坂

棒読みの歌

散文的な夏

帰ってくる夏

白い陽

晩夏の蛹

組詩「二宮」

苦い子守唄

真冬の惨事

優しい機械

世界の別名

罪のない子供たちの歌

Blue is the Colour





←「詩篇 2004」     「詩篇 2006」→





「詩篇 Poetry」へ       index